2012年06月17日

「内部被曝を生き抜く」上映会&鎌仲ひとみ監督の講演会のお知らせ☆

映画上映会のお知らせです。


福島の原発事故から1年3ヶ月、何も解決していないし今でも苦しんでいる人が多くいる中での大飯原発再稼働の正式発表…。
こんな時代を私達が怒らず、むやみに怖れはしないが適度に関心を持ち、日々笑って過ごすにはどうしたら良いのかを考えさせてくれる映画だと思います。
「日本や世界を変えていく舵取りはお母さん。その姿をみて、ぼくらはがんばろうと思う」
映画に出てくる児玉教授の言葉。
母1人の力は小さいかもしれないけれど、集まればきっと世の中は変えていける。私は勇気をもらいました。


関心のあるなしに関わらず多くの方に観て欲しいです。




〜以下案内、転載・拡散大歓迎!〜



「内部被ばくを生き抜く」上映と鎌仲ひとみ監督の講演会
http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/
時−8月5日(日) 
豊田産業文化センター  小ホール(240席)
〒471-0034 豊田市小坂本町1-25  TEL<0565>33-1531
午後1時10分開場  
午後1時30分上映開始  
午後3時から4時30分 鎌仲ひとみ監督講演
参加費1500円
小中学生は500円
小学生未満は無料ですが、原則(席がいっぱいの場合)保護者と同席願います。
小さなお子さんと来場される方も想定しています。
そのため、小ホール外(出入り口付近)にも映画と講演内容が伝わる視聴覚機器設置
の工夫も検討しています。
参加申込は下記アドレスへお名前(フルネーム)と連絡先を明記して送ってください。
お子さん同伴の場合はお名前と年齢(小学生中学生は学年)を加えてください。240人で締め切ります。
screeningparty_aug5@yahoo.co.jp
posted by あいちのなかまたち at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。