2012年08月16日

次回、おいでんプロジェクトに向けて!

コンサートのお知らせです。
収益は、次回のおいでんプロジェクトの資金となります。
ぜひご参加ください!!



☆親子で楽しむ「ら・びーた」のコンサート☆

〜原発震災がなければ出会わなかった、分野も環境も違う3人が「ら・びーた」というトリオを結成しました。「今ここにある現実を受けとめて、それでもご機嫌に暮らすということ」をテーマに、歌とトロンボーンとピアノとお話で綴ります。〜 ※ら・びーたは伊語La vita=いのちという意味。

時:2012年8月31日(金) 9:40開場  10:00開演

場所:岡崎シビックセンター4F コロネット 
   (愛知県岡崎市羽根町貴登野15   TEL 0564−72−5111 )

入場料: 大人一人 500円 お子様無料(お帰りの際に賛同に応じて募金をお願いします。)
  (収益金はすべて、福島の子どもたちの継続的な保養プランを進める「福島のみんな あそびにおいでんプロジェクトin愛知」に寄付されます。)

お申し込み先: うぶやの会  ubuya117@hotmail.com
   (メールのみの申込になります。1.件名に「チャリティコンサート」 2.本文にお名前、連絡先、参加人数、お子様同伴の場合はお子様の年齢を明記してお申し込み下さい)

お問合せ先: うぶやの会(税所) 090−3307−3187

主催: うぶやの会

協賛: あそびにおいでん!プロジェクトin愛知実行委員会
    みんなみんな光るほしネット
    豊田・岡崎放射線測定所設立準備委員会


プログラム: 金子みすゞ  ほしとたんぽぽ 
        夏の思い出
        さんぽ〜となりのトトロ〜
        時の歌〜ゲド戦記〜
        energy flow
        SONG FOR JAPAN
        Ave Maria 他
           ※演奏曲目は都合により変更する場合があります。

歌: 竹内支保子
   東京藝術大学卒 藤原歌劇団 岡崎音楽家協会 所属
   震災時は茨城県に在住。第2子妊娠初期だったため、3月15日に自主避難。母子避難先の京都で無事出産。この春、理解ある夫とともに岡崎に移住。今までは支援される立場だったが、これから自分にできることは何かと模索中、1つの出会いからものすごいスピードで素敵な方たちとの輪が広がり、現在子どもたちを守るべく活動中。

トロンボーン: 高野雅夫
   名古屋大学環境学研究科准教授。
  3•11以降たびたび福島を訪問し、放射能とともに生きるということの意味を考え続ける。私達の心のありようを根底から変えなければならないということに思い至り、音楽とともにメッセージを伝える活動をはじめた。トロンボーンは中学時代のブラバンから。

ピアノ: 浅井友愛
   自然、命、子どもをテーマに音楽、アートからの表現活動を提案する「P.A.F企画」主宰。原発事故以降、放射能が子どもたちに及ぼす影響を危惧して、活動開始。現況には、なかなか難しいこともあるが、この間新たな素晴らしい人々との出会い、子どもたちを守るためのグループによる取り組を通して「みんな守られている。きっと大丈夫」という思いを強めている。

※「ら・びーた」は東日本大震災で被災された方を支援しています。本公演は、愛知県内に避難されている方を無料でご招待いたします。申込時に被災者であることを明記してお申し込み下さい。

posted by あいちのなかまたち at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。